家の敷地内で自生ワサビ発見。

そこにあるものを必要なだけいただく。
大自然をワイルド(大胆・野生的)にいく方が
わたしにむいているのかも。

森に野草を摘みに行く、とかね。

と言いつつ、
梅が咲き始めたら
じゃがいも植えどきらしいので、
畑を耕してみました。

初めて持った鍬は
ひと振り3cm。

土に触れて、自然と触れ合って、
健康的。

雑念もふっとび、すっきりさわやか。

自然はイノセント。
きれいな心で向き合いましょう。


奥は不耕ゾーン(自然農法)にして、
手前の一角、
土をほぐしてみよう。

そんなこんなしているうちに、
ご近所さんが
ブルトーザー?を走らせ家に。











下の段を耕してくれている。
さっさと畦ができあがっている。

その間、
わたしは鍬でやっと一列ふわふわゾーン完成。

そしたらもうひとりご近所さんが遊びに来てくれた。

農薬も肥料もやらずに
育ててみたい。

自然栽培ってやつです。

なんて、鍬もじょうずにつかえません。

みなさん経験豊富なのに、
とやかく言わずに、
紳士に見守ってくださる。

ありがとう。

畑はそこそこに、
我家のことは、ご近所さんのほうが詳しい、
ということで、
家の敷地内を案内していただきました。

この家を借りるときに、
ここは水がきれいだから、ワサビでも植えるか、
とジョークを言っていたら、
山の湧き水周辺に、自生していた。



自生しているワサビ










ワサビは水のきれいなところにしか生えないというから、
ほんとうにきれいな水が湧いているんだろうな。

そのほか、三つ葉、セリ、しいたけ、野いちご・・・。
奥には昔、炭焼きに使っていたという炉。

魅力つまりまくりん。

これからますますたのしみです。
ちょっとがんばった畑になる予定地