本日出ました!


本日、2011年夏に自覚した、
左の肺のひゅーひゅーがとれました!

初めに認識していたときは
5mmくらいの冷気を発する滞りでした。

瞑想を重ねれば、
気の流れはスムーズになるはず。

が、滞りはどんどん大きくなって、
昨年秋には、 状況は後退したようにも思え、
 (浄化作業と共に、
ディープなところに進んでいっただけで
後退したわけではないのですが)
にぶい、黒い固まりのようになって、
ろっ骨の芯にがっちり居座ってしまいました。 

大切なのは、
該当箇所が発する不快感に
影響されることなく、
心の平穏を保つこと。

しかし、、、

意識がそこにいく度、
嫌悪感が出てきます。 

どうやら、過去につくってきた 悲しみの感情と、
 新しくつくり出している嫌悪感が、
ここに溜まっているようです。 

それが、昨日『時空のサーファー』を読んでいたら、
抜けそうな前兆感が来て、
本日抜けきりました! 

はじめに患部に光が差し込み、
ナマズのような黒い固まりが
うにょうにょして、
その場でうごいているだけで、
なかなか出ていってくれませんでしたが、
最終的に、溶解していきました。 

いまは術後の ミントのような清涼感が残っています。 

今までは、問題の理由がわかると、
解決、のパターンでした。 

今回は、理由はなく、
来るべきときに、来るべきものが(やっと)きた、
 といったかんじ。 

どうやら解決の仕方も
より右脳的、体感的になってるみたい。

そして、以前から着目していたひとつ、
『死への恐怖(トラウマ)』が抜けました。 

いやあ、長かった。 

とにかく本日、すっきりです。