夢で食べた宇宙人おすすめ宇宙の味。

今日は、どこかの星に行った夢を見ました。
姿は見ていないけど、
そこにいる宇宙人らしき存在に、
わたしの足元を差して、
『それを食べてみなさい』と言われた。
(テレパティックに、声は無し)


生命感のない、真空の、乾いた足元には、
生米のような白いつぶが、
5cm間隔くらいにたくさん落ちていた。

一粒取って、指でかるく押しつぶしてみると、
ジェリービーンズみたいに表皮は固く、
なかはグミみたいにやわらかい。
潰した瞬間に、白かったのが
オパールみたいに、半透明になって
赤、オレンジ、青、黄色に
キラキラ光りはじめた。

勇気を持って口に入れてみると、
無味無臭。
でも、とてつもないエネルギーの
「質」をがっちり体感。

そこで目覚めて、
最近、辛いの食べ過ぎで弱っていた胃は…
まだ少し痛かった。

もしかして治ったかな、と思ったけど
なおってませんでした。

しかし、からだの回復力を感知し、
夜までにしっかり完治。

あれは、なんだったのな。


ササニシキ?