宇宙の渚


「新たなビジョンが開けた。
空と宇宙は連続していたんだ。
("Opening a new vision and way- Air and space are one continuity.")」

コロンビア号に乗っていた、
ラモーン宇宙飛行士が亡くなる24時間前に残した言葉です。

わたしは、この言葉がとても印象に残りました。

宇宙に行って
”開く”ひとも多いといいます。

ラモーン氏はどんな世界を観たのでしょうか。

NHK
『第1集は、「宇宙の渚」最大のミステリーにスポットを当てます。 飛行機のパイロットによって密かに目撃されてきた謎の閃光がありました。雷雲から宇宙に向かって放たれる稲妻のように見えたと言います。
今回、古川聡宇宙飛行士は、ラモーン宇宙飛行士の遺志を継ぎ、スプライトの撮影に挑みます。 宇宙の古川さんと連携しながら、飛行機からもスプライトを狙いました。 その結果、宇宙の渚の上と下から、大接近映像を撮影するのに成功。謎に包まれた“妖精”の正体をついに解き明かしました。
撮影された映像からは、地球がいかに宇宙から多大な影響を受けて存在しているかが明らかになります。』

http://www.nhk.or.jp/space/nagisa/